FC2ブログ

フォームチェック

今日は大分市営陸上競技場で練習!

まずは動きのチェック。全体的なバランスやタイミングなど動きづくりの中で入念に確認を行いました。

その後、脚の状態もだいぶ良かったのでダッシュを。

https://youtu.be/G6le6qzzE4s

ちょっと動画のサイズが小さいかな・・・

動きのみでこれだけ前に進めればいいかな^^

ここから少しずつですが、距離を伸ばしていきます。

東京喰種

いつも陸上ネタじゃ息が詰まるので・・・

よく長旅とかする時は小説を読んでたりするのですが、家では漫画をよく読んでいます。

ジャンルは広くて、なんでもな感じです。(少女漫画は読みません)

主にヤンマガ・ヤンジャン専門です。

タイトルにもある通り、今は「東京喰種」にはまっています。

出始めの時から見ているのですが、とにかく面白い!

若干のグロい系がダメな人はダメかもしれません。

周りにこの漫画の面白さをわかってくれる人がいないのが辛いです。

このネタで短く見積もって3日間はオールで語り合えます。

内容は…ここで説明をしだすと1万字を超えてしまいそうなのでやめときます。

漫画の中ではタロットの数字や言葉の意味など伏線が溢れていて、話が進んで行く中で少しずつ回収していく展開となるのですが、作者の石田スイ先生はどうやって全てを一つにまとめていくのか、完結して欲しくないけど結末が非常に気になります。

とにかく、一番知りたいのはヒデの正体。おそらく見ている人みんな気になっていることです!…なんて言っても見ていない人にしてみれば何を言っているんだ…といった感じですが、見てみたら気持ちはわかると思います。

前に姉と市内のTSUTAYAで遭遇した際に、片手に東京喰種のコミックを持っていたので「おっ!」なんて思いましたが
「たまたま手に取っただけですよ。」なんて言っていました。いや、姉の性格的に相当好きな内容だと知っていますので無印から確実に読んでいるでしょう。

なかなか痺れるストーリーなので興味のある方は是非読んで見てください^^

画像は私のお気に入りのキャラ才子です。多分天才キャラだからその名前になったのではと…



とりあえず話が長くなりそうなのでこの辺でやめときます。



このブログの内容を嫁さんに見られたらキレられるだろうな(汗)

遠回り

ここ最近、過去のレースをビデオ等で観察しています。

なんとなくスタートラインに立っていたその時の自分と今の自分の気持ちが重なるので、心臓に悪いというか「うっ…」ときます。

試合前の心境はいろんなことが交錯していて、落ち着くのに必死だったような気がします。正確な歩数と必勝パターンの構築。ヨンパーは戦略・戦術性が非常に高いのですが、考えて走ってたら48秒間なんてすぐに終わってしまいます。なので、レースの時は練習でしたことを信じて身体に意識を任せていました。ただ、走る前の押しつぶされそうな気持はどれだけレースをこなしても慣れません。私の場合は特に気持ちが弱い方でしたので、前述の繰り返しになりますが、トレーニングによって得た自信を冷静さに変えていつも試合に挑んでいました。

今、過去のレースや走りを見ても、走り自体はほぼ自分の思う完成に近いものになっていたような気がします。でも、その時の自分を追い求めても、今の身体の状態や当時の環境とも違うわけですからうまくいくとは到底思えません。

この種目は本当に強くなるための近道がなくて、遠回りする程結果に近づいていきます。技術系や種目特性に応じた特殊なトレーニング等もバランス良く導入していかなければいけませんが、私はどれだけ泥臭い練習ができるか(走る量を積めるか)の方が全体的な割合として80%くらいを占めていると考えています。

できる限りトレーニングの選択肢を増やしつつも、強い練習をしても大きな怪我に繋がらない身体を今は作らなければいけません。

趣味でスポーツをやっているうちは、運動そのものを健康的かつ楽しくできるかもしれません。しかし、競技スポーツとなると「勝つ」ことが最大の楽しみとなるので、頂点を目指して身体を壊しながら自分を追い込んでいくような、悪い言い方をすると不健康で非日常的な生活を求めるようになっていきます。

第一線を退いてから自分が競技会で優勝する夢を何度も見てきました。勝った喜びから目が覚めて、現実に戻るまでの時間が地獄でした。

この地獄から抜け出すには、別の意味の地獄にもう一度落ちるしかありません・Δ・笑

息子に勝つ父の姿をみせたいなぁ…


確信

今日は動画をアップしようとしたけど断念・・・

Macは使い方が難しい

でも使いこなせればいろいろできそうなので諦めずにがんばるしかありません。

今日の練習は

1、ウォームアップ
2、スプリントドリル
3、ハードルドリル
4、トロッティング→腿上げ走
5、120m×5本
6、鉄棒+体幹

した後に、みっちりウエイトをしました。

5時半から初めて家に着いたのが9時を少し過ぎていました。
こんなに練習をしているのは何年ぶりだろうか。

一つ、私自身の復活の確信としてあるのが、選手時代にウエイトトレーニングをあまりやっていなかったこと。理由は単純で、やり方が下手ですぐに腰を痛めてたりしていたのであまり好きではなかったことです。重いものを上げることに関しては陸連のハードル合宿でも一番弱い方だったと思います。(そのかわり綱上りなど身体を使ったものは圧倒的に強かったです)今思えばあの時もっとやっとけばなんて感じるような気もしますが、この時のためにとっておいたのだとここはプラスで考えます。じゃあ、筋力アップができた所でヨンパーが速くなるのか?となればそうとも限りません。当然、走る練習がメインとなります。でも、筋の出力や持久性が高まることで、今まで以上に楽に前に進む力はつく。

海外の選手と同じスタートラインに立った時に、まず、身体の大きさに圧倒されていました。でも、あんなに筋肉をつけたら重たくて走れないだろうと思っていました。今は、その無駄な先入観を取り除いて、純粋に速く走れるための方法とヨンパーに必要な能力を高めるトレーニングで自分を強くしていきます。

「経験は財産」だと為末さんは言っていました。

ヨンパーにおけるその言葉は、今はよくわかっています。

時間は限られているので一日も無駄にできません。

ホゴ釣り

土曜日の午後から弟とホゴ釣りに行きました。

ホゴは一般的にカサゴといわれている魚で、ロックフィッシュと呼ばれていたりもします。主に岩の陰に隠れて餌を捕食しますので、針にかかったときのヒキは強く引き込まれる感じで面白いです。

タイペイくんは餌のキビナゴで攻めていましたが、ベラばかりでベラみたいな顔になっていました。



ベラは種類が豊富で、いろんなものが釣れます。ここで釣れるのはほとんど「ササノハベラ」という種類のベラですが、地方によっては喜ばれる所もあるようです。味も良いと言われていますが、ちょっとヌルヌルし過ぎて捌きづらいのもありあまり食べません…

私はそのベラを捌いて切り身にし、それを餌にして釣りました。これによくホゴが食いついてくれるんです。
この日もなかなか良い型のホゴが釣れてくれました。



最初は「勝負やな!」なんて意気込んでいた弟も、私が10匹以上釣った地点で完全に諦めていました・。・

上は25センチ以上の大物もあり大満足です。



帰ってから弟が刺身やら煮付けやら作ってくれて、カサゴのフルコースをいただきました。



この時期のホゴは身もしまってて本当においしかった☆

タイペイくんありがとう!

次行く時はカワハギ釣りかな^^



プロフィール

nariyonpar

Author:nariyonpar
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR