400mハードルは陸上競技の中でも極めて過酷な競技とされていますが、確かに、その通りです。

トレーニングには近道がなくて、常に遠回りをしながらでしか前には進むことが出来ず、その練習方法も合っているのかどうかさえ考えてしまう苦しさがあります。

一度、その世界から抜けだしてしまうと、なかなか同じ気持ちの状態を保つのは厳しく、身体以上に精神状態がついていかなくなるような気がします。(4年を経て思いました…)

もし、自分が経験してきた道をもう一度目指すとしたら…なんてことを長く考えてきましたが、私の中で既に燃え尽きていたことや、少し走っただけで痛むボロボロのアキレス腱のことも含めて前に進むことはとてもじゃないけど「無理」でした。


でも、もう一度上を目指すことに決めました。


理由は考え出せばたくさんあります。

一つ大きなものとして、自分のクラブのこどもたちから「先生、真剣に走って」とか「真剣に走ったらどのくらいで走れるん」とか聞かれることが多く、自然と私の中で「真剣」に走る姿を見せたいという気持ちが湧いていました。

今の年齢が32歳。東京オリンピックを目指すとすれば36歳で迎えることになります。誰もが冗談としてとらえるかしれないし、大きな怪我をしてしまえばそこでゲームオーバーな気もします。でも、私の中で競技に向けての勝算があるから再度チャレンジするわけで、なにもなければ始まっていません。

3年計画でピークを合わせていきます。

当面の目標は400mハードルの試合に出場すること。

・・・

かなり先になりそうです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nariyonpar

Author:nariyonpar
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR