FC2ブログ

責任

地元に帰ってからいろんな競技、種目の選手に指導する機会が増え、これまで自分が求めてきた基本や動きが次の選手に生かされることが何か報われた気持ちに変わり真剣に、夢中に伝えました。

結果、怪我をする選手が続出しました…

足の痛みで走れなくなった本人が、それを他の選手にもループさせてしまうのには耐えがたいものがあります。

全ては私の伝える動き自体に問題があって、400mハードルの種目特性上、衝撃の強い動きに対応するための動作が多いのです。そのため、知らないうちに自分の速く走るための方法をただ単純にスピードを上げたい選手にリンクさせてしまったことが大きな原因としてありました。

私の求めてきたものは、記録を追求し続けて身体の進化もそれに続いて初めて成立していた走りですから、伝えるにも段階がありますし、他の人がその走りを目指す必要すらないかもしれません。足を速くする方法は100万通りあるわけで、新しいものも取り入れつつ深く掘り進めていけば成果を出す方法はいくらでもあります。

今は指導をする中で前のように負傷する選手はいなくなり記録も右肩上がりで上がっています。

でも、私が地元に帰ってからそこに気づくまでに教えた選手の時間はもう戻ってきません。

寝る前にいつも考えてしまいます。無駄にしないためにはどうするべきか。

もう、自分の身体で試し続けて、それでも速く走ることとして正しかったと証明するしかないと思います。
スポンサーサイト



証明

正式種目として存在しない記録にしがみつくのはどうかと思う時がある。

本物には本物が応えることが道理だろう。

実績がものを言うこの世界で、血を吐くようなトレーニングを積んで、そこからさらに振り絞られた者が世界に羽ばたける権利をもらえる。

そのほんの一握りの人間が、天才的な動感と知識と一流の世界を持った人間こそが、次の夢を追う人々に強い影響力を与えることができる。

夢を追ってがんばってきた選手なんて何万人といる。

遠回り

ここ最近、過去のレースをビデオ等で観察しています。

なんとなくスタートラインに立っていたその時の自分と今の自分の気持ちが重なるので、心臓に悪いというか「うっ…」ときます。

試合前の心境はいろんなことが交錯していて、落ち着くのに必死だったような気がします。正確な歩数と必勝パターンの構築。ヨンパーは戦略・戦術性が非常に高いのですが、考えて走ってたら48秒間なんてすぐに終わってしまいます。なので、レースの時は練習でしたことを信じて身体に意識を任せていました。ただ、走る前の押しつぶされそうな気持はどれだけレースをこなしても慣れません。私の場合は特に気持ちが弱い方でしたので、前述の繰り返しになりますが、トレーニングによって得た自信を冷静さに変えていつも試合に挑んでいました。

今、過去のレースや走りを見ても、走り自体はほぼ自分の思う完成に近いものになっていたような気がします。でも、その時の自分を追い求めても、今の身体の状態や当時の環境とも違うわけですからうまくいくとは到底思えません。

この種目は本当に強くなるための近道がなくて、遠回りする程結果に近づいていきます。技術系や種目特性に応じた特殊なトレーニング等もバランス良く導入していかなければいけませんが、私はどれだけ泥臭い練習ができるか(走る量を積めるか)の方が全体的な割合として80%くらいを占めていると考えています。

できる限りトレーニングの選択肢を増やしつつも、強い練習をしても大きな怪我に繋がらない身体を今は作らなければいけません。

趣味でスポーツをやっているうちは、運動そのものを健康的かつ楽しくできるかもしれません。しかし、競技スポーツとなると「勝つ」ことが最大の楽しみとなるので、頂点を目指して身体を壊しながら自分を追い込んでいくような、悪い言い方をすると不健康で非日常的な生活を求めるようになっていきます。

第一線を退いてから自分が競技会で優勝する夢を何度も見てきました。勝った喜びから目が覚めて、現実に戻るまでの時間が地獄でした。

この地獄から抜け出すには、別の意味の地獄にもう一度落ちるしかありません・Δ・笑

息子に勝つ父の姿をみせたいなぁ…


プロフィール

nariyonpar

Author:nariyonpar
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR